MENU

【対策】小学生の成長期に合わせて取り入れたい!身長を伸ばす方法3選!

小学生の身長を伸ばす方法のアイキャッチ画像
  • URLをコピーしました!

子供が小学生だけど思ったほど身長が伸びない…。

そんな時、小学生の身長を伸ばす方法を知りたいと思いますよね。

ただ、親の背が小さいので身長を伸ばす方法を試したとしても無駄に終わるのでは…?とあきらめている親御さんもいらっしゃるかもしれません。

子供の成長は遺伝的な要素もあるのですが、それと同じように大きく影響するのが生活習慣と言われています。

実際に、親は平均身長なのに子供は高身長のスポーツ選手になったというケースも多々あるのです。

そこでこのページでは小学生の成長ホルモンの分泌量を増やし骨の成長を促す、成長期にやっておきたい身長を伸ばす方法3選をご紹介します。

小学生のお子さんをお持ちで「成長が遅い」「周囲に比べると小さい」と不安になっていたり、「将来のためにも身長を伸ばしてあげたい」と思っている親御さんは是非参考にしてくださいね。

目次

【小学生の身長を伸ばす方法】運動を習慣化する

小学生の身長を伸ばす方法としてまずあげたいのが、運動を習慣化することです。

全身運動

小学生の身長を伸ばすために有効なのは全身運動です。

体をひねる・反らす・曲げるなど、手足や体全体を使う運動をしましょう。

骨の両端にある骨端線という軟骨部分が成長することで、骨が伸び身長が伸びる仕組みです。

体を動かすと軟骨に栄養を行き渡らせやすくなり、骨が成長しやすくなるのです。

屋外で遊ぶ

屋外で遊ぶだけでも小学生の身長を伸ばす運動になります。

身長を伸ばす運動というと、バレーボールやバスケットボールなどをイメージするのではないでしょうか。

確かにジャンプをするスポーツは良いのですが、鬼ごっこやなわとびなど手軽にできる遊びで自然に運動ができるんです。

近年の小学生は塾や習い事などに時間を取られ、遊ぶ時間が減っているようです。

さらにゲームなど屋内にいることが多く、運動不足気味。

幼少期の頃から日常的に屋外での遊びを楽しませておくのがおすすめです。

睡眠にも好影響

運動するメリットとして質の高い睡眠がとれるということがあります。

体を動かして疲れるとぐっすり眠れます。

また、早寝早起きの規則正しい生活が自然と身につきます。

成長ホルモンは睡眠中に分泌されやすく、小学生の身長を伸ばすためには睡眠はとても重要。

運動をすれば自然と成長ホルモンが分泌されやすくなり、背が伸びやすくなるワケですね。

栄養が摂りやすくなる

体を動かすとお腹が減るため、食べる量が多くなり栄養が摂りやすくなります。

小学生の身長を伸ばすにはタンパク質、亜鉛、ビタミン類、ミネラルなどの栄養は欠かせません。

食べる量が少ないと栄養不足になり身長が伸びにくくなってしまうのです。

ただ、ファストフードやお菓子類でお腹を満たすことがないようにしましょう。

子供には栄養バランスを考えた食事を与えるようにしてください。

ハードな筋トレはNG

運動は小学生の身長を伸ばす方法のひとつですが、ハードな筋トレはおすすめできません。

小学生が筋トレをしすぎると関節に負担がかかり、骨が成長しなくなってしまうことがあるためです。

もちろん、スポーツのパフォーマンスを上げる目的などで筋トレをする小学生もいます。

しかし、小学生の成長期に過剰な筋トレはやめておきましょう。

【小学生の身長を伸ばす方法】睡眠をとる

小学生が身長を伸ばすために重要となってくるのが睡眠です。

睡眠は身体を休ませるだけでなく、身体や脳の成長に大きくかかわっています。

睡眠時間を確保する

十分な睡眠時間を確保するのは、小学生の身長を伸ばすためにかなり有効な方法です。

骨の端にある骨端線という軟骨が成長するこにより身長が伸びますが、成長を促すのは成長ホルモンです。

成長ホルモンは睡眠中に分泌され、熟睡しているときに増えることがわかっています。

睡眠時間が短いと成長ホルモンが十分に分泌されず、身長が伸びにくくなるのです。

小学生だと低学年は10時間くらい、中学年・高学年は9時間くらいは眠るようにすると良いでしょう。

早寝早起き

小学生の身長を伸ばすには早寝早起きも大切です。

近年子供の就寝時間は遅くなっており、22時以降に就寝をする小学生が増えているようです。

寝る時間が遅くなると起きる時間も遅くなる傾向にあります。

朝、時間がないため朝食を食べないなど生活習慣に問題が起こりやすくなってしまうんです。

また、寝る時間が遅くなるにつれ睡眠時間が短くもなりやすいです。

早寝早起きを心がけるようにしましょう。

夜食は食べない

小学生の身長を伸ばしたいなら夜食は控えるのがおすすめです。

成長ホルモンは血糖値が高いと分泌されにくくなってしまうためです。

寝る直前に食べると、「成長ホルモンが分泌されない=身長が伸びない」となってしまうんですね。

夜食を食べるときは、寝る2時間前までには済ませておきましょう。

質の高い睡眠をとる

小学生の身長を伸ばすためには、ただ長い時間眠るのではなく質の高い睡眠をとる必要があります。

  • 寝る直前にスマホは見ない
  • 夜、ホットミルクを飲む
  • 部屋を暗くして寝る
  • 夕方以降カフェインを摂りすぎない

以上のようなポイントに注意していくと、ぐっすりと眠れるようになり質の高い睡眠をとることができます。

親の生活習慣を見直す

子供の就寝時間が遅くなる原因のひとつに親の生活習慣も関係してきます。

親が遅い時間に寝るので子供の寝る時間も遅くなるという家庭が増えているのです。

子供は親を見て育つと言いますし、親も規則正しく生活するなど家族で生活習慣を見直してみましょう。

【小学生の身長を伸ばす方法】食事を気にする

小学生の身長を伸ばすにはバランスの良い食事をとることが必要不可欠になります。

子供が栄養不足にならないように成長期に必要な栄養をしっかり摂る習慣を身につけましょう。

3食しっかり食べる

朝昼晩の3食をしっかり食べないのは小学生の身長を伸ばすための妨げとなります。

基本的に小学生くらいの子供は一度にたくさん食べられないため、1食抜くだけでも成長に必要な栄養が不足してしまいがちになります。

近年は朝時間がない親が朝食を食べないなどの理由から、朝食を抜いてしまう小学生が増えているようです。

早寝早起きをして、朝食はしっかり食べるようにしましょう。

バランスの良い食事を心がける

小学生の身長を伸ばすためにはバランスの良い食事をとる必要があります。

炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルが摂れる食事を常に心がけておきたいですね。

その中でも特に必要なのがタンパク質です。

タンパク質は軟骨細胞の原料になり身体をつくる栄養素です。

肉、魚、卵、チーズなどで積極的に摂るのがおすすめです。

そして成長ホルモンの分泌をサポートすると言われる亜鉛も摂りましょう。

牡蠣などの魚介類、肉類、大豆、ナッツ類、卵などに多く含まれています。

とはいえ、子供が好んで食べてくれないというケースもあるかと思います。

ですが、調理方法や盛り付けを工夫すると食べてくれることもありますので、そこは親の腕の見せどころですよね。

カルシウムだけではダメ

小学生の身長を伸ばすためにカルシウムが豊富な牛乳をたくさん飲んでおけばよいという考えは間違いです。

カルシウムは骨を強くするため成長には必要ではありますが、背を伸ばす作用はないと言われています。

それに牛乳や乳製品だけでは栄養が偏ってしまいます。

小学生は1日500ml程度の牛乳を飲み、タンパク質など他の栄養素もしっかり摂るようにしましょう。

サプリメントを利用する

毎日、栄養を考えた食事を作るのは大変…。

そんな時はサプリメントを利用する方法も有効です。

小学生の成長期をしっかりサポートしてくれる専用のサプリメントがありますので、毎日の食事だけでは足りない栄養を上手に摂ると良いです。

ただ、サプリメントと言っても前述したようにカルシウムだけ摂っても意味がありません。

ですのでせっかくサプリメントを活用するなら、小学生の成長期に適した栄養がまんべんなく摂れる専用のサプリメントを選びましょう。

成長期に適したサプリメントの詳細を見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる